FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/MAP06 渡河作戦

オープニング

フォーカス・リュナン
【リュナン】
これがオイゲンの秘策なのか?
【オイゲン】
さよう、昨夜、気づかれぬように
先発隊を送り込んだのです

長距離射程を持つ「弩弓」部隊がいては
橋を渡る事は出来ませぬ
しかし懐に入ればこちらのものです
もはや心配はいりませぬぞ
【マーロン】
だがそのために本隊の戦力は
大きくそがれてしまった
もし後方から奇襲されれば
我らは極めて不利になりますぞ
【オイゲン】
マーロン伯は私の作戦が
間違いだったと言われるのか?
【マーロン】
いや、そうとは言っておりませぬ
ただ、注意されたほうが
よろしかろうと……
【リュナン】
マーロン伯の言われるとおりだ
このあたりにはコッダの伏兵が
潜んでいるとの情報もある
一気に攻勢をかけて橋を渡ろう

オイゲン、マーロン伯爵
全軍に進撃の命令を!
【オイゲン】
はっ!
【マーロン】
心得ました!
フォーカス・ドメス
【兵士】
ドメス将軍
敵は罠にはまりましたな
【ドメス】
ふっふっふっ……
我らが思うツボよ
ヤツらめ、さぞかし驚くことだろうよ
【兵士】
で、伏兵には
いつ攻撃を命じるので?
【ドメス】
もう少し敵を引き付けてからだ
前後から挟み撃ちにする
ぬかるなよ!
【兵士】
はっ……

Player Turn 2

MAP03で民家Hにリュナンで訪問している & MAP04でロジャーとメルを倒してない場合
フォーカス・ナルサス&メル
【ナルサス】
あらら、もう始まってるぜ
気の早い奴らだな

メル、河の向こう側にいるのが解放軍だ
リュナンっていうのに事情を話せば
悪いようにはしないと思うぜ
それと王女に笛を渡すのを忘れるなよ
【メル】
人事のように言っているけど
あなたはどうするの?
一緒に行ってくれないの?
【ナルサス】
オレの仕事はここまでだ
あのじじいにこき使われるのは
まっぴらだからよ
【メル】
そう……残念ね
【ナルサス】
宰相の兵士に見つかるなよ
橋を渡るのは無理だから
馬から下りて浅瀬を渡りな

じゃあな、メル、幸せになれよ
ロジャーとの再会を祈っているぜ
【メル】
ありがとう……
ナルサスも元気で……
フォーカス・ドメス
【兵士】
ドメス将軍
ネズミが一匹迷い込んで来たようですが
いかがいたしましょう?
【ドメス】
王妃の手の者かもしれんな
兵を送って始末せい!
【兵士】
はっ!

Player Turn 3

フォーカス・ノートン
【ノートン】
森に隠れているのも、もうあきあきだぜ
よし、野郎ども、反乱軍を討伐しろ!

サーシャ→ノートン

フォーカス・サーシャ&ノートン
【ノートン】
なんだ?お前は?
ここは戦場だ
女、子供が来るところじゃねぇ
はやく家に帰りな
【サーシャ】
私は子供ではありません
あなたにはこの剣が見えないの?
【ノートン】
おもちゃだろう
女の子には似合わないと思うが
最近はウエルトも何かと物騒だからな

さあ、いいから、もう帰りな
近くなら部下に送らせてやってもいいが
家はどこなんだ
【サーシャ】
私の家?
……ウエルト王宮かな……
【ノートン】
王宮?
……お嬢ちゃん
大人をからかうのはよくないぜ
【サーシャ】
本当です
あなたもウエルトの騎士なら
この紋章は知っているでしょう?
【ノートン】
げっ……
ま、まさか……サーシャ王女!
【サーシャ】
ええ、サーシャです
あなたは?
【ノートン】
は、はい!
王宮警備隊のノートン伍長です!!
【サーシャ】
ノートン伍長
あなたはウエルト王家の兵士なの?
それともコッダ伯爵の私兵ですか?
【ノートン】
ウエルト王家の兵士であります
サーシャ殿下!
【サーシャ】
それなら
どうしてマーロン伯爵と戦うの?
伯爵軍こそ、正当なウエルト王国軍なのに
【ノートン】
政治のことはよくわかりません
ただ王女殿下のご命令には従います!
なんなりとお申し付けください!
【サーシャ】
ええ、では私たちと共に戦ってください
敵はコッダの私兵です
ウエルトの民のために
あなたも解放軍に参加して
【ノートン】
はっ、ご命令とあらば!

リュナン⇔メル

フォーカス・リュナン&メル
【メル】
あなたがリュナン公子?
【リュナン】
君は?
【メル】
宰相の人質となっていたところを
ナルサスに救われました
私はメルと申します
【リュナン】
そうか、ナルサスが……
それで彼は何処に?
【メル】
あの人は……
【オイゲン】
どうせまた逃げたのでしょう
盗賊など初めから信用しておりませぬ
【メル】
……王妃様の安否については
私が聞いております

王妃様は現在、王宮内の私室に
囚われの身となっておられますが
心を寄せる兵士も多く
危害を加えられる恐れは無いとの事

マーロン伯には
決して無理はされぬようとの
ご伝言です
【マーロン】
そうか……
それを聞いて安心しました
メル殿も無事でなによりだ
【メル】
マーロン様……
【マーロン】
わかっております
何も言われずとも良い
ロジャーはウエルトの宝だ
決して悪いようにはいたしませぬ……

マルジュ⇔メル

フォーカス・マルジュ&メル
【マルジュ】
姉上?……
どうして姉上がこんなところに……
【メル】
マルジュ……
元気そうね……よかった……
【マルジュ】
姉上はどうして
神殿に戻られないのですか?
母上はずっと心配されていましたよ
【メル】
マルジュは
お母様から何も聞かされていないの?
【マルジュ】
ロジャーとの事なら何も心配いりません
老師も、古の戒律で人の心は縛れぬと
仰せでした
【メル】
本当なの!マルジュ
【マルジュ】
はい
詳しい話は後ほどしますが
ここは危険です
姉上は下がっていてください
【メル】
ええ
ありがとう、マルジュ……

サーシャ⇔メル

フォーカス・サーシャ&メル
【メル】
サーシャ王女、お探ししていました
どうぞこれを……
【サーシャ】
これは……
お母様が大事にされていた
天馬の笛?……
でも、どうして?……
【メル】
王妃様は、もしサーシャ様が
天馬を操る騎士になりたいなら
その笛を使うようにと
おっしゃられたそうです

それ以上のことは、私も……
【サーシャ】
ありがとう……とても嬉しい……
天馬を駆る騎士なんて
まるで夢のようです……

ノートン初戦時

【ノートン】
長いこと待ったんだ
少しは愉しませてくれよ!

ノートン撃破時

【ノートン】
ちっ……
なんてこったい……

ドメス初戦時

【ドメス】
おのれ……
国賊どもめがっ!

ドメス撃破時

【ドメス】
話が違うぞ……
ヴェルジェの兵ごときは
これほど強いはずが……!

クリア後

【リュナン】
苦しい戦いだったな……
【オイゲン】
河さえ渡れば、もう我々の行く手を
遮るものはありません
このまま一気に
ウエルト城を目指しましょう
【リュナン】
マーロン伯、兵は疲れていませんか?
【マーロン】
彼らは祖国解放の熱気に沸いています
ご心配には及びません
【リュナン】
ではこのまま、王都に向かいましょう
オイゲン、全軍に号令を!
【オイゲン】
はっ、承知いたしました
MAP03で民家Hにリュナンで訪問している & MAP04でロジャーとメルを倒した場合
【ナルサス】
公子……ちょっと……
【リュナン】
ナルサス?……
どうしたんだ、そんなところに隠れて?
【ナルサス】
いやー、オレ、あのじいさん苦手だから
公子が一人になるのを待ってたんス
王宮偵察の報告を
しなけりゃなんないでしょ
【リュナン】
ナルサスは見かけによらず律儀なんだな
さすがはホームズの部下だ、見直したよ
【ナルサス】
フッ……見損なっちゃいけねえぜ
オレはこれでも……
【リュナン】
ナルサス、話を聞かせてくれ
王宮の様子はどうなんだ?
リーザ王妃は無事だろうな
【ナルサス】
へっ……あ……ああ……
王妃は無事っす
自分のことは心配ないから
無理をしないようにと言ってましたよ
【リュナン】
そうか、よかった……
【ナルサス】
それで、王女に渡してくれって
この笛を預かってきました
【リュナン】
サーシャに?
わかった、後で僕から渡しておくよ
【ナルサス】
じゃ、オレはこれで……
【リュナン】
ナルサス?……
僕たちと一緒に来ないのか?
【ナルサス】
今から城攻めでしょ
オレは戦争には役にたたないし
また用ができたら呼んでよ
公子の為なら頑張るからさ
フォーカス・ウエルト王宮
【コッダ】
くそぅ、ドメスめ
さんざん大口を叩きおって
このザマは何だ!!

ベロム、もはや頼れるのはお前しかおらぬ
例の作戦を発動せよ
【ベロム】
はっ、すでに準備は整っております
MAP03で民家Hにリュナンで訪問している & MAP04でロジャーとメルを倒してない場合
【コッダ】
ロジャーは大丈夫だろうな?
【ベロム】
はっ、人質の逃亡なら
まだ気づいてはおりません
ご心配は無用かと……
【コッダ】
うむ、奴にはまだ働いてもらわねば
ならぬでな……
【コッダ】
それにしても、マーロンめ
他国の軍隊まで引き込むとは
なんたる恥知らず
正々堂々と戦えんのか!
【ベロム】
確かに悪運の強い男です
まさかこの時期に
ラゼリア軍が上陸してこようとは
思いもよらぬことです
【コッダ】
うむ、奴らは歴戦の兵だ
グラナダ砦で帝国の大軍を相手に
一年も持ちこたえたのだからな
戦いなれぬわしの兵では
苦戦するのもやむをえまい
【ベロム】
は……
【コッダ】
だがそれもこれまでだ
ウエルト城下には我が精鋭を配し
奴らを分断する準備も整った
ベロム将軍、万が一にも
敗れる事はあるまいな
【ベロム】
ご心配には及びません
奴らは罠にかかった獲物と同じ
一撃のもとに仕留めてご覧に入れましょう