FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/MAP09 二つの道

オープニング

フォーカス・リュナン
【リュナン】
オイゲン
この砂丘は思ったより深いな
【オイゲン】
さようですな
海岸道を進んだ部隊とは
かなり離れてしまいました
【リュナン】
情報では、この先に
帝国の前線守備隊があるのだろう
このまま進むのは危険ではないのか?
【オイゲン】
むっ、リュナン様
もはや手遅れのようです!
前方に敵が迫っております!!
【リュナン】
やむをえない
別働隊と合流できるまで
我らだけで持ちこたえよう!
フォーカス・ケイモス
【ダゴン】
ケイモス将軍
小僧は討ち取ったのかな
【ケイモス】
ダゴン司教か
ここは貴公らの来るところではない
引っ込んでいてくれ!
【ダゴン】
ほほう……
これはたいそうな口の利き様じゃな

永らくガーゼル神の教えを
忘れていたゾーア人に
古の神の偉大さを思い出させ
国教として敬うよう命じたのは
他ならぬ、おぬしらの王ではなかったか

下等な移民族である
リーヴェ人の横暴に対して
我らガーゼル信徒と
ゾーアの末裔たるカナンの民は
共に力を合わせ
ゾーア人800年の悲願である
帝国の再興をなしえたのだ

おぬしらカナンの軍人は
なにかと不満なようだが
リーヴェの犬として飼いならされ
ゾーアの誇りまで失ったか?
【ケイモス】
ばかな!
カナン国民は一人として
邪神帝国の復活など望んでおらぬ!

ガーゼル神とはなんだ?
我らの祖先が
山野を駆け巡っていた頃に信仰した
古の邪神ではないか
若い娘を生け贄に求め
ただ災いだけをもたらす
暗黒の神ではないか!

この豊かな時代に
そのような悪しき神を奉ずるのは
貴様らガーゼル教国の
狂った神官どもだけだ!
【ダゴン】
ほほう、では
おぬしは皇帝の命に背くというのだな
ならば我らは、ゾーアの流刑地で
おぬしを迎える事になるが
それでもよいのかな?
【ケイモス】
うっ……
【ダゴン】
ガーゼル神の教えに背くものは
流刑地で再教育せよとの
皇帝のお達しがある
おぬしはゾーアの谷に行きたいか?
おぬしの家族も一緒ゆえ
寂しくはないかのう
くっくっく……
【ケイモス】
うっ……す、すまぬ……
今の言葉は忘れてくれ……
頼む……
【ダゴン】
ふっ、わかればよいのじゃ
我が魔道兵も逐次到着する
貴下の兵団は盾となって前線に留まれ

撤退はならぬぞ
撤退するものは
ゾーアの教えに背くものとして
家族もろとも流刑地送りじゃ
そのように全兵士に命じよ!
わかったか!
【ケイモス】
……わかった……
司教の言うとおりにする……
だから流刑地送りだけは許してくれ……
MAP03で民家Hをリュナンで訪れている場合
フォーカス・ナルサス
【ナルサス】
ぜえぜえ……
なんだよ、この砂丘は……
右も左もわからねぇじゃねえか

あのオヤジ、目印があるから
大丈夫とかぬかしていたけど
ギルドのカギなんて
どこにあるんだよぉ……

Player Turn 2

MAP03でリュナンが民家Hを訪れている場合
フォーカス・ナルサス
【ナルサス】
だめだ……もう歩けねえ……
誰か……たすけてくれよぉ……
このままじゃ干からびて
美形のミイラになっちまう……

リュナン→ナルサス

民家B訪問前
フォーカス・リュナン&ナルサス
【リュナン】
ナルサス!?
どうした、こんなところで?
【ナルサス】
水をくだせぇ……ぜーぜー……
【オイゲン】
うん?人にモノをねだるのに
その口の利き方はなんだ?
【ナルサス】
オ……オイゲン様……
お願いします……
【オイゲン】
ふんっ、まあ、いいだろう
ほれ、水だ
【ナルサス】
ゴクゴクゴク……
ぶぁー、生き返ったぜ……
じいさん、覚えてろよ
この借りはきっと返すからな
【オイゲン】
ほほう、見かけに寄らず義理堅い奴だ
では、わしの使い走りにしてやろう
【ナルサス】
げっ……
民家B訪問後
フォーカス・リュナン&ナルサス
【リュナン】
ナルサス!?
どうした、こんなところで?
【ナルサス】
ぜーぜー……
み、みずを……
【オイゲン】
貴様、盗賊ギルドのカギを
探しておったのだろう
お目当ては見つけたのか?
【ナルサス】
ンなもん……しらねぇよ……
頼む……みず……
【オイゲン】
ならば探して来い
見つけてきたら水をやろう
【ナルサス】
じ、じいさん……カギは見つけるから
先に水をくれ……ぜーぜー……
【オイゲン】
うん?人にモノをねだるのに
その口の利き方はなんだ?
【ナルサス】
オ……オイゲン様……
お願いします……
【オイゲン】
ふんっ、まあ、いいだろう
ほれ、水だ
さっさと飲んでカギを探して来い!
【ナルサス】
ゴクゴクゴク……
ぶぁー、生き返ったぜ……
じいさん、覚えてろよ
この借りはきっと返すからな
【オイゲン】
ほほう、見かけに寄らず義理堅い奴だ
では、わしの使い走りにしてやろう
【ナルサス】
げっ……

敵が5体以下になる or ケイモスと戦闘時

フォーカス・ケイモス
【ケイモス】
くっ……
もはやこれ以上防ぎきれぬ!
何としても司教を説き伏せて
撤退するしかない!
画面暗転
【ケイモス】
ダゴン司教
このままでは我が軍は全滅する
頼む、せめて負傷兵だけでも
撤退させてくれないか
【ダゴン】
ならぬ……
前進か、さもなくば死あるのみだ
【ケイモス】
くっ……貴様!
それでも人間か!!
【ダゴン】
クックック……
我らはガーゼルの選ばれし民
おぬしら下等な人間と同じにするな
【ケイモス】
くっ……もはや我慢ならぬ

わしはこの命に代えても部下を守る
邪魔すれば貴様とて容赦はせぬ!
【ダゴン】
ほほう……
このわしに歯向かうと?
愚かな……

おぬしにもう用は無い
死ね!!
マップ戦闘
【ケイモス】
くっ……
カナン王国に……栄光あれ……
ぐふっ……
【ダゴン】
クックック……
バカな男よ

民家B

☆ギルドの鍵を持っていない場合
【村人】
ここだけの秘密じゃが
ギルドのカギがあれば
秘密の店に入れるそうじゃ

秘密の店は
表向きは普通の民家だが
カギを持っているものだけ
奥に入れてくれるそうな

わしも以前は持っておったが
残念なことに、南の砂丘に
落としてしまった

盗賊ならうまく
見つけられるかもしれぬが
まあ10年はかかるじゃろな
あきらめなされ
☆ギルドの鍵を持っている場合
【村人】
な、なんと!
見つけてきたのか!
お前さん、根気強いのぉ
ささ、奥の部屋に行きなされ

ダゴン初戦時

【ダゴン】
暗黒神に楯突く者ども……
今度こそここで
皆殺しにしてくれる!

ダゴン撃破時

【ダゴン】
くっ……
ぬかったわ……!

クリア後

フォーカス・リュナン
【オイゲン】
リュナン様、砦の中に
帝国の指揮官らしき者が倒れております
【リュナン】
なに?
まだ意識はあるのか
【オイゲン】
神官に手当てをさせておりますが
そう長くは持たぬかと……

公子にお会いしたいと申していますが
いかがいたしましょう?
【リュナン】
分かった、僕の方から会いに行く
オイゲン、案内してくれ
【オイゲン】
はっ!……
画面暗転
【リュナン】
あなたが守備隊の指揮官か?
私に話があるとか……
【ケイモス】
……お願いする……
どうか……部下たちを……
殺さないでくれ……
【リュナン】
当然のことだ
降伏したものは厚く保護する
それがラゼリアの軍法だ
安心しろ、将軍
【ケイモス】
そうか……
かたじけない
リュナン公子……これをあなたに……
【リュナン】
これは……鋼の盾!?
【ケイモス】
カナンを……
我が祖国を……救ってくれ……
画面暗転
【リュナン】
オイゲン、どういうことだ?
我らはゾーア帝国と戦っているのに
その中心国家であるカナンの将軍が
僕に祖国を救えという
これは一体どういうことなんだ?
【オイゲン】
帝国も一枚岩では
ないということですな

ゾーア帝国はカナン国王バハヌークが
20余年の歳月をかけて
旧ゾーア地方の5王国を統一し
近年になってようやく成立したもの
ましてやガーゼル教国との同盟は
わずか一昨年になされたものです

また老齢となったバハヌーク皇帝は
若き后に溺れ、彼女の言うがままとの
噂もございます
帝国が辛うじて持ちこたえているのは
有能な二人の王子
バルカとジュリアスの働きによるものと
もっぱらの噂でございますな
【リュナン】
そうだったな……
カナンの3連星……
子供の頃
よく父上から聞かされたものだ
【オイゲン】
第一王子のアーレス殿下と
グラムド大公は、戦場で何度も相対し
お互いの力を認めあって
盟友となられた間柄です

ノルゼリアの和約も
お二方のご努力によって
実現されようとしていたのです
【リュナン】
それを……あのミュースが
焼き尽くしてしまったのか……
【オイゲン】
さよう
ノルゼリアの住民数千人とともに
アーレス王子も、そして
グラムド様も亡くなられました
【リュナン】
オイゲン
一体誰が何のために
リーヴェ王家の守護聖竜を
殺戮に用いたんだ!
【オイゲン】
それは、わかりませぬな……

ゾーア帝国の民は
敬愛するアーレス王子をリーヴェが
だまし討ちしたとして怒り狂い
我らもまた、ノルゼリアの殺戮は
帝国の仕業と憤っておりまする
ようするに
誰もが望まぬ結果となったわけです
【リュナン】
誰もが望まない……
果たしてそうだろうか?
【オイゲン】
と、申されますと?……
【リュナン】
カナンとリーヴェが憎しみあえば
利を得るもの……それは……
ナルサスに話し掛けていて、ナルサスが生存している場合
フォーカス・セネー海岸
アーキスとクライスがリュナン軍にいる場合
【オイゲン】
おい、クライス
ナルサスの姿は見なかったか?
【クライス】
ナルサスですか?……
いえ、見ておりませんが……
【アーキス】
そういえば朝からいなかったなぁ
奴がいればウルサイから
すぐにわかるんですよ

女の子にちょっかいを出すわ
他人のものをくすねるわで
皆迷惑してるんです

いいじゃないスか、あんな奴
放っておきましょうよ
【オイゲン】
事情も知らずに
たわけた事をぬかすな!
さっさと奴を探して来い!!
このばか者がッ
【アーキス】
おおーこわ……
オヤジ、なんか機嫌が悪いぜ
【クライス】
アーキス、今日は止めておけ
触らぬ神に祟りなしだ……
【アーキス】
あ……ああ……そうだな……
【オイゲン】
リュナン様、大変でございます
【リュナン】
うん?……
どうしたんだ、オイゲン
【オイゲン】
ナルサスに逃げられました
私が付いておりながら
申し訳ございませぬ……
【リュナン】
ははは、そんなことか
彼は大空を舞う隼のように
なりたいと言っていた
カゴの中に閉じ込めるのは無理だ
【オイゲン】
なんの、奴が隼でありますものか
しいて言えばカラス、それも
他人のえさを横取りする
バカガラスでありましょう
【リュナン】
いつにもまして厳しいな……
何かあったのか?
【オイゲン】
いや……なんとお詫びしてよいやら
奴に軍資金を持って逃げられました
手持ちのちょうど半分を……
【リュナン】
軍資金の半分を!?……
【オイゲン】
必ず捕らえて、軍資金は取り戻します
むろんナルサスめは
軍法に照らして処刑いたします
どうか、今しばらくのご猶予を……
【リュナン】
捕らえるのはいいが処分は僕が決める
早まった事はするな!
【オイゲン】
はっ……
フォーカス・自由都市セネー
【市長】
パブロフ様
今月分の税金でございますが
市民も苦しんでおり
思うように集まりません
どうかもう少し
お待ち願えないでしょうか
【パブロフ】
何だと!?
貴様、我が帝国をなめておるのか!

バルカ王子は今までどおり
セネー市の自治は認めはされたが
リーヴェ王家に納めていた税金は
帝国へ納めよと申されたはずだ!
【市長】
は……
リーヴェに納めていた税金程度なら
何も問題はございません

バルカ様も同額でよいと
申されていましたのに……
【パブロフ】
貴様……
何が言いたいのだ?
【市長】
いえ……
【パブロフ】
わしが
着服してるとでも言いたいのか?
【市長】
いえ、そのような……
【パブロフ】
もし余計なことを王子に言ってみろ
市民一人残らず殺してやる
まずはお前の家族からだ!
【市長】
お……お許しください……
【パブロフ】
わかったらさっさと帰って
税を集めて来い!
【市長】
はっ……仰せに従います……
【カーネル】
パブロフ伯爵
何かとお忙しいようですな
【パブロフ】
カーネル卿……来ていたのか?
【カーネル】
我が任地のセルバは酷い田舎ゆえ
たまには都会の空気を吸いませんとな

いや、パブロフ伯がうらやましい
いろいろと役得もあるようだ
【パブロフ】
セネーのことを言っておるのか?

フンッ、商人たちは信用ならん
役にも立たぬ傭兵を飼っておいて
金はないとぬかしおる

まだまだ隠し持っておるだろう
とことん絞り上げてやるつもりだ
【カーネル】
そんなにため込んで
いかがなされるおつもりですかな
【パブロフ】
言うまでもなかろう
ガーゼル教団に奉納するのだ
わしも、我が身は可愛いでな……
【カーネル】
なるほど、伯爵もガーゼル神の
しもべになるという訳ですな
【パブロフ】
そういう貴公こそ聞いておるぞ
近辺の村々から金目のものを
巻き上げておるそうではないか
いやそればかりか、女、子供まで
教団に捧げておるとか……
【カーネル】
何のことですかな?
私は知りませぬな……
【パブロフ】
とぼけなくともよい
村々を襲っている馬賊どもは
貴公が影で操っておるのであろう

カーネル卿、恐れなくともよいぞ
バルカ王子などもはや何の力も持たぬ

これからはガーゼル教団の時代だ
何を遠慮することがある
【カーネル】
そこまでご存知なら話は早い
実はパブロフ殿に頼みがあって来たのだ
【パブロフ】
頼みだと?
何だ、言ってみろ
貴公の頼みとあれば
断るわけにもゆくまい
【カーネル】
実は、女を一人預かってほしいのだ

反乱軍の女を捕らえたのはいいが
おかげで夜もやすやすと眠れぬ
しばらく預かってほしいのだ
【パブロフ】
レオンハートの手のものか……
それは厄介な者を背負い込んだな
なぜ一思いに殺さぬのだ?
【カーネル】
バカを言え!
わしはまだ死にたくはないぞ
【パブロフ】
ふっ……貴公らしくもない
たかが野ネズミの群れに
何をそんなに恐れておるのだ
【カーネル】
貴公は知らぬのだ……
あの男……
レオンハートの恐ろしさを……
【パブロフ】
ふんっ、まあよいわ
その女はわしが預かろう

たっぷりと痛めつけて
レオンのアジトを聞き出してやる
もし口を割らねば
殺すまでのことだ……
フォーカス・自由都市セネー
【パブロフ】
いいかげんに口を割らぬか!
強情な女め!!
【レニー】
フンッ……
【パブロフ】
くっ……こやつめ!
わしにツバを!!

貴様
女のくせにわしを愚弄するのか!!

くっ!
これでもか!!
これでどうだ!!!
【部下】
閣下……
この者はすでに
気を失っております
【パブロフ】
ハァハァハァ……
ならば水を浴びせよ
眠らせるな!!
【部下】
これ以上責めては
本当に死んでしまいます
今日はこれくらいに
されてはいかがでしょう
【パブロフ】
ふぅー
まあ、よいわ
女は牢に放り込んでおけ
意識が戻ったらわしに報告せよ

それと広場に火刑の準備をしておけ
【部下】
はっ?……火刑とは……
【パブロフ】
あの小娘を皆の前で処刑する
ふふっ……さぞかし見ものだろうよ
【部下】
うん?……なんだ貴様は!?
【ミンツ】
俺は黒騎士団のミンツだが
エルンスト将軍はどこだ?
着いたばかりで
どうにも勝手がわからねぇ
【部下】
馬鹿者!
ここはパブロフ伯爵の部屋だ
貴様などが来るところではない
ただちに立ち去れ!
【パブロフ】
待て、ちょうどよい

おい、お前
この女を牢に連れてゆけ
牢番に渡せばそれでよい
【ミンツ】
ほぉー……
まあいいだろ……俺に任せな
画面暗転
【レニー】
ハッ……
【ミンツ】
気が付いたようだな……
大丈夫か?
【レニー】
!……
【ミンツ】
一体何があったんだ?
お前のような娘が
なぜこんな酷い目に?
【レニー】
……
あなたは何も知らないのね……
【ミンツ】
どういうことだ?
【レニー】
もういい……
疲れているの
少し眠らせて……
画面暗転
【レニー】
……
【ミンツ】
よく眠れたか?

俺の薬草が少しは効いたみたいだな
熱も下がったみたいだぜ
【レニー】
あなたは……
ずっと牢の中に?……
私を見守っていてくれたの?……
【ミンツ】
ああ、俺のひざの上で
小一時間も眠っていたかな
【レニー】
あッ……
【ミンツ】
そんなに慌てなくてもいいだろう
俺は何もしちゃいねぇぜ
【レニー】
そ、そんなことは思っていないわ
あ……ありがとう……
【ミンツ】
俺はミンツだ、お前の名は?
【レニー】
レニー……
セルバ東村のレニーです……
【ミンツ】
レニーか、いい名前だな

ここはお前のような娘が
いる場所じゃない

将軍への報告がすんだら
お前を助け出してやるから
それまでは我慢していろ
いいな!