FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/MAP11 レダの魔道士

オープニング

フォーカス・サムソン
【サムソン】
おい、待て
一体どうするつもりだ
【山賊】
だからよぉ
おかしらが娘を連れて来いって
言ってんだよ
それから先の事は聞いてねえ
まあ、想像はできるがよ
ぐひひひ……
【サムソン】
けっ
なんて奴らだ……

おい、お前らのカシラに言っておけ
この娘は俺が預かる
文句があるなら
いつでも相手になってやるとな
【山賊】
なんだとぉ!
たかが傭兵ふぜいが
大口をたたくんじゃねぇよ

どうせ仕事にあぶれていたところを
おかしらに拾われたんだろうが
今さら抜けようったって
そうはいかねぇぜ
【サムソン】
なんだ?
やるつもりか
【山賊】
上等だ
おい、みんな
このクソッタレをやっちまえ!

サムソン⇔エリシャ

フォーカス・サムソン&エリシャ
【サムソン】
よお、大丈夫か
【エリシャ】
ええ、ありがとう……
【サムソン】
俺はエリアルの傭兵サムソンだ
お前のような娘が、どうしたんだ?
【エリシャ】
私はトレンテ北神殿の
エリシャっていいます
マルス神殿に用があって
その帰りに山賊たちに襲われたの
【サムソン】
ふーん……
そいつはとんだ災難だったな
お前は魔道士のようだが
術は使えるのか
【エリシャ】
雷と風の魔法なら少しだけ
このブレンサンダーが私の専用魔法です
【サムソン】
魔道士なら山賊を倒すくらい簡単だろう
どうして戦わなかったんだ
【エリシャ】
アフリード様の戒めがあります
よほどのことがない限り
人を傷つける事はできません
【サムソン】
アフリード?
おい、まさかあの
伝説の魔道士じゃあるまいな

レダの雷光の魔道士と呼ばれ
実力では養父であるエーゼンバッハをも
凌ぐと言われていた男だ
【エリシャ】
あっ……ごめんなさい
その人とは違います!
【サムソン】
そうだろうな
奴は十数年前に死んだはずだ
魔竜クラニオンと戦って
紅蓮の炎に焼かれたと
吟遊詩人も歌っているくらいだからな
まさか生きているはずは
ないだろう……

ヤーザム初戦時

【ヤーザム】
ちっ、どいつもこいつも
役立たずめ
もういい、俺が殺ってやる
どこからでもかかってきやがれ!

ヤーザム撃破時

【ヤーザム】
うぐぐぐ……

クリア後

フォーカス・ホームズ
【ホームズ】
ちえっ……
苦労した割には大したものはなかったな
【カトリ】
ホームズ、大丈夫?
ケガはない?
【ホームズ】
バカ言え
この俺が山賊などにやられるものか
【カトリ】
よかった……
でも、あまり無茶はしないでね
【ホームズ】
わかってるって
心配するな
【カトリ】
うん……
サムソン・エリシャ生存 & サムソン⇔エリシャを見た場合
【サムソン】
おい
なんだか楽しそうだな
俺も仲間に加えてくれないか
【ホームズ】
なんだ、お前は?
【サムソン】
俺はサムソンだ
これでもエリアルでは
ちっとは名の通った斧戦士なんだぜ
【ホームズ】
エリアルの傭兵か……
いいだろう
命が惜しくなけりゃついてきな
【ホームズ】
そう言えば
囚われていた娘がいたな
おい
こっちへ来いよ
【エリシャ】
……
【ホームズ】
なんだよ、その顔は
助けてやったのに礼の一つもなしか
【エリシャ】
別に頼んだ訳じゃないわ
あなたたちは何者なの
山賊、それとも盗賊団なの
【ホームズ】
ふっ……これだから女は困る
俺たちは夢とロマンを求めて
世界を旅する冒険者だ
そこらの盗人と
同じにしてもらっちゃ困るぜ
【エリシャ】
そうなの……
じゃ私もご一緒していいかしら
リグリア砦に行って
その後サリア神殿に行きたいんだけど
【ホームズ】
おい
俺たちはお前のボディーガードかよ
【エリシャ】
だめなの?……
【ホームズ】
まあ……いいさ
俺たちもサリア神殿には行くつもりだ
ついてきたければ好きにしな
【エリシャ】
ありがとう
私はエリシャよ
【ホームズ】
俺はホームズだ
【カトリ】
あたしはカトリ
よろしくね、エリシャさん
マルジュがいる場合
【マルジュ】
エリシャ
マルス神殿に何の用があったんだ?
【エリシャ】
あなたは?……
【マルジュ】
僕はマルジュ
風の大魔道士エーゼンバッハの孫だ
【エリシャ】
あ……あなたが……
アフリード様の……
【マルジュ】
なぜ父の名を知っている?
君は何者なんだ?……
【エリシャ】
あっ……
それはシルフィーゼ様から聞いたのよ
私はトレンテ北神殿に仕えていて
司祭様の御用でマルス神殿に行っただけ
そんなに大した事ではないわ
【マルジュ】
でも……
【エリシャ】
マルジュは15歳なのでしょ
歳の割には少し生意気ね
私は3つも年上なのだから
もう少し言葉使いに気をつけなさい
礼儀を知らない魔道士は
暗黒の世界に落ちるわよ
【マルジュ】
なんか母上のような口ぶりだな……
【エリシャ】
ふーん、なるほどね……
あなたが生意気なのは
女ばかりの中で育ったからね
だから甘えん坊なのよ
父親の厳しさを知らないから……
【マルジュ】
!……
【エリシャ】
あら、怒ったの?
大人の意見は素直に聞くものよ
嫌なら無理には言わないけれどね
【マルジュ】
ああ、もう沢山だ!
【エリシャ】
ふふっ……すねて行っちゃったわ
まあ、いいけど……