FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/MAP33 聖剣サリア

オープニング

フォーカス・ホームズ
【ホームズ】
クラリス神官長
さっきサリアの聖剣って言ってたよな
【クラリス】
ええ
サリア王国に伝わる聖なる剣が
この神殿内に隠されています

グエンカオスの暗黒魔法
ザッハークを破るためには
どうしても聖剣が必要なのです
【ホームズ】
だがよ、俺たちも昔
聖剣を求めてここまで来たが
神殿の奧には一本の古びた剣しか
残されていなかったぜ
床に突き刺さっていて
抜く事はできなかったがな
【クラリス】
その古びた剣が聖剣サリアなのです
そして、今のあなたならば
引き抜く事ができるのです
【ホームズ】
あの古びた剣が聖剣?
今の俺なら引き抜けるだと?
一体どういうことなんだ!
【クラリス】
とにかく聖剣がある場所へ!
グズグズしていては
ガーゼル軍に包囲されてしまいます

バール初戦時

【バール】
漆黒の闇に宿りし
大いなるガーゼルの瘴気よ
無慈悲なる破滅の霧となりて
我らが敵を滅ぼしたまえ!

バール撃破時

【バール】
愚か者どもめ……
ガーゼル神の裁きを受けて
滅ぼされるがいい……

聖剣コマンド実行

フォーカス・ホームズ
【ホームズ】
やはりただの古びた剣じゃねえか
こんなもの引き抜けるわけねえだろ
【シゲン】
ぐちぐち言ってないで
とにかく抜いてみろよ
【ホームズ】
ちっ……
わかったよ!
ムービー・聖剣サリア
フォーカス・ホームズ
【ホームズ】
わわわわっ
な、なんだよ、これは!?
【クラリス】
聖剣サリアが甦ったのです
あなたの勇気と
カトリ様の愛によって……
【ホームズ】
どういうことなんだ?
カトリの愛ってのはなんだよ
【クラリス】
あなたがカトリ様から預かった
サリアの腕輪が
聖剣を甦らせるカギなのです

腕輪に付いていた紋章が
剣の柄に収まったことで
サリアの剣は大いなるユトナ神の
聖剣として甦ったのです……
【ホームズ】
カトリの愛か……
わかったよ、神官長
このサリアの聖剣さえあれば
グエンカオスだって倒せるわけだろ

ああ、やってやるぜ
それでカトリが助けられるのなら
今すぐにでもやってやる!

神話の間

神話の間

フォーカス・ホームズ&クラリス
【ホームズ】
神話の間か……
前にも来たことがあるが
俺には古代文字が読めなかった
移動
フォーカス・ホームズ&クラリス
【ホームズ】
神官長、あんたなら
この意味がわかるんだろう
教えてくれねえか
【クラリス】
ええ、いいでしょう

この一枚目の絵には
「暗黒神の支配する時代
 一人の奴隷剣士ありき
 自由を求める民衆を率いて
 暗黒神ガーゼルに立ち向かうなり」
と記されており
移動
フォーカス・ホームズ&クラリス
【クラリス】
この二枚目の絵には
「荒れ狂う魔神の炎
 絶望の人々を焼き尽くす
 勇者、渾身の力で戦えども
 その身、炎の中に燃え尽きんとす
 彼、神に祈る
 我に力を、闇を打ち消す光をと」
移動
フォーカス・ホームズ&クラリス
【クラリス】
三枚目のこの絵には
「刹那、一人の美しき少女
 白き竜とともに現れて
 魔神の炎を打ちくだかん
 少女は微笑む
 汝、勇気あるもの、美しい者よ
 この剣をそなたに託す
 我に代わりて
 悪しきものを滅すべし」
と記されています
移動
フォーカス・ホームズ&クラリス
【クラリス】
四枚目のこの絵には
「少女の名はユトナ
 大地母神ミラドナの娘
 小さな女神にして巨大なる竜
 勇者、女神の愛を得て
 暗黒神を討ち果たすなり」
と記されています
移動
フォーカス・ホームズ&クラリス
【クラリス】
そして結びの五枚目には
「勇者、王となりて
 我らが大地に永久の繁栄を導かん
 勇者、滅するとも
 その愛は永久に消えなん」
と記されているのです
【ホームズ】
なんだ
ようするにカーリュオン神話の抜粋か
何のひねりもねえありふれた英雄伝説だ
期待していて損をしたぜ
【クラリス】
あなたはカーリュオン伝説を
信じていないのですか
【ホームズ】
そりゃそうだろ
英雄伝説なんてモンは
支配者が自分たちを正当化するために
作り出した幻想だ

貴族たちを見てみろ
生まれたときから民の上に立ち
働かなくとも贅沢に暮らせる
初代王朝の子孫だというだけで
本人の能力や努力とは無関係に
ふんぞり返っていられるわけだ

庶民は騙されやすい
英雄を信じて崇拝すれば
その子孫も偉いと思っちまうんだからな

もしも実在したカーリュオンが
ただの女好きで
ぶさいくなヤツだとわかったら
世の中は一気に
ひっくり返っちまうんじゃないか
【クラリス】
確かに英雄伝説の大部分は
後から作られたものでしょう
しかしこの壁絵は七百年の間
真実だけを語りつづけてきました

カーリュオンとユトナの愛は
永遠不滅であったと
私は信じているのです
【ホームズ】
すまん
ちょっと言い過ぎた
俺だってカーリュオンとユトナの愛を
疑ってるわけじゃない
ただ……
【クラリス】
ええ、わかっています

ホームズ様、そろそろ行きましょうか
この先は地下の洞窟が
果てしなく続いています
邪神の祭壇まで
数日はかかるかも知れません
【ホームズ】
覚悟はしているさ

クラリス神官長
ここから先は俺たちだけで十分だ
あんたは先に帰ってくれ
【クラリス】
どうしてですか
【ホームズ】
正直に言わせてもらうが
足手まといなんだ
あんたを気遣っていては
俺たちは満足に戦えない
【クラリス】
そうですか……
わかりました、私はサリアに戻ります
カトリ様をどうか……お願いします
【ホームズ】
それは任せてくれ

クラリス神官長、一つだけ頼みがある
聞いてくれるか
【クラリス】
はい……
【ホームズ】
リュナンとエンテを……
見守ってやってくれ……
フォーカス・リーヴェ王宮
【セオドラ】
ソフィア大公国のレシエ姫を
お連れいたしました
【レシエ】
バルカ様、ジュリアス様
お久しぶりでございます
【バルカ】
レシエ、待っていたぞ
挨拶などはいいから経緯を話してくれ
【レシエ】
はい、少し長くなりますが
私がこれまでに知ったことを
順を追ってお話しいたします

14年前
アーレス殿下の館が賊に襲われ
セレーヌ夫人が亡くなられたことは
お二方ともご存知ですね
【バルカ】
無論だ
俺たちはガーゼルと戦っていて
不在だったが
連絡を受けて愕然とした
夫人は殺され
二人の幼子も行方知れずとは
兄上の嘆きを思うと心が痛んだぞ
【レシエ】
その二人の幼子ですが
実は乳母が連れて
館を逃げ出していたのです
【バルカ】
なんだと!?
では二人は助かっていたというのか!
【レシエ】
はい、乳母は追手に殺されましたが
お二人は旅の女剣士に拾われ
命を救われたそうです
【バルカ】
その女はなぜ届け出なかったのだ
王宮に届け出れば褒美をもらえるとは
考えなかったのか
【レシエ】
剣士は乳母から
賊の正体を聞いていたのです
それゆえ誰にも告げずに
カナンから逃れようとしました
【バルカ】
どういうことだ?
賊はカナン王国と
関係あるものだとでも言うのか
【レシエ】
はい……アーレス館を襲い
セレーヌ様を殺害したのは
バハヌーク王妃カルラでした

カルラはネイファ様を拉致する目的で
館に侵入したのですが、セレーヌ様に
抵抗されて殺害したそうです
【バルカ】
なんだと!?
あの女が姉上を!……
ま、まさか……
【レシエ】
カルラはガーゼル教国の魔女です
カナン王国との戦いで
敗勢が濃くなったガーゼル教国は
魔女カルラを送り込み
カナン王国を内部から
切り崩そうと考えたのです
【バルカ】
なんということだ……
それで父上は
あの女に騙されてしまったのか
【レシエ】
カルラは国王を虜にして
徐々に洗脳したようです
【バルカ】
……だがレシエ
カルラは何のために
ネイファを奪おうとしたのだ
【レシエ】
ガーゼルの儀式……
邪神復活の生け贄として使うためです
【バルカ】
なんだと!?
奴らは邪神の復活を本気で
考えているのか
【レシエ】
はい、それは間違いありません
現に、ネイファ様は再び……
【バルカ】
なに?……
まさかネイファが
囚われたというのではあるまいな
【レシエ】
残念ですが
風の神殿でグエンに襲われ
囚われてしまいました
【バルカ】
なんだと!
お前がついていながら
何と言うことだ!
【レシエ】
もうしわけございません……
【ジュリアス】
兄上
とりあえずレシエの話を聞きましょう

レシエ
話を続けてくれ
【レシエ】
はい

カナンを逃れた女剣士は
お二人を自分の街に連れ帰り
自分の子供として育てました
彼女の名はカティナ
エリアルの傭兵王テムジンの娘です
【バルカ】
なんだと!?
テムジンならばアーレス兄上とも
旧知の仲ではないか!
その娘が兄の子供たちを
救ったというのか
【レシエ】
カティナは二人を拾った孤児と偽り
父親にも真実を告げなかったそうです
二人はカティナの子として育てられ
立派な若者に成長しました

しかし昨年
ネイファ様が15歳になられて
ある出来事が起こりました
ふとした出来事から
ネイファ様の中に眠る聖竜ラキスが
目覚めて、イストリア兵
数十人を焼き殺してしまったのです

ネイファ様はそのショックで
口も利けぬようになり
セネト様も自分の出生について
疑問を持つようになりました

ガーゼルの勢力は日々強力になり
もはや自分の力だけでは子供たちを
守りきれないと思ったカティナは
テムジンに真実を話して
助けを求めました

驚いたテムジンは
エーゼン老師に相談し
老師は私に連絡を下さいました
私がエリアルを訪れたときには
お二人ともすでに
カティナから真実を聞かされており
かなりショックなご様子でした
【バルカ】
そうだろう……
無理もない……
【レシエ】
ですがセネト様はおっしゃいました
自分はネイファを守るためなら
どんなことでもする
妹を悲しめるものは
ガーゼルであろうとカナンであろうと
容赦はしない、と……
【バルカ】
つまりセネトは妹を守るために
ガーゼル教国と戦ってきたわけか

やはり血は争えぬな
アーレス兄上も、お前を庇って
よく父上と口論していた

自分の領地となった
ソフィア大公国の養女としたのも
カルラから守るためだった
【レシエ】
前王妃だった私の母は
カルラに殺されたのです……
私は偶然に目撃したのですが、国王は
子供のたわごとと信じてくれませんでした

カルラが私に敵意を持ったのも
当然のことだと思います……
【バルカ】
すまぬ、余計なことを言ったな
それでセネトはエリアルの
傭兵たちを率いてカナンに来た訳か
【レシエ】
ガーゼル神殿まではレダ王国軍と共に
北部辺境を進んできましたが
魔獣やガーゼル兵との戦いで
多くの兵士を失い
北カナンで新たに兵を募りました
今では北カナンの兵士や市民が
自由軍の主力となっており
それも日を追うごとに
膨れ上がっています
【ジュリアス】
それでレシエはどうするつもりだ
俺たちと戦うのか?
【レシエ】
これからどうするべきか
それを伺うためにここまで来たのです
お二人ならわかっていただけると
私は信じているのです
【ジュリアス】
……
レシエ、一つだけ聞かせてくれ
父上……皇帝はどうするつもりだ
【レシエ】
皇帝は今やガーゼルの下僕です
もはやどうにもなりません
【ジュリアス】
お前たちの手で倒すということか
レシエは父親を殺すことに
ためらいはないのか
【レシエ】
お言葉ですが私の父は
ソフィア大公ただ一人
皇帝は父上を殺した仇と思っています
なんでためらいがありましょう
【ジュリアス】
そうか……
無論セネトも承知しているのだろうな
【レシエ】
皇帝がガーゼルと切れぬなら
やむをえないとお考えです
【ジュリアス】
レシエ、戻ってセネトに伝えてくれ
皇帝は私が始末する
無論カルラも一緒にだ
【バルカ】
待て、ジュリアス
それは俺の仕事だ
勝手なことは許さんぞ!
【ジュリアス】
父親殺しの汚名は
兄上には似合いませんよ
私はすでに反逆者だし
前々から考えていたことです
いつかはこうなると思っていました
【バルカ】
ジュリアス、違うのだ
俺はな
このままでは兄上に顔向けができぬ
今までの過ちの全てを
この俺の手で清算したいのだ

その上で、このカナンの未来を
兄上の子……
セネトに託したいと思っている
ジュリアス、お前ならば
俺の気持ちがわかるだろう
【ジュリアス】
……
まあ、いいでしょう
今度ばかりは兄上の顔を立てましょう
それで、私は何をすればいいのです?
【バルカ】
セネトにはリーヴェと対等の立場で
和平交渉ができるようにしてやりたい
リーヴェ王宮は貴重なカードだ
セネトをカナン城に迎え入れるまでは
なんとしても持ちこたえて欲しいのだ
【ジュリアス】
……そんなことですか
わかりました
リーヴェ王宮は
私が命に代えても守ってみせます
【バルカ】
すまぬな、ジュリアス……
城外の守りはエルンストに命じた
お前は今のうちに
城内の守りを固めてくれ
俺はこれからすぐに帰国する
【レシエ】
では、私も途中までご一緒に……
【ジュリアス】
ところで兄上
エストの姿が見えないようだが
どうしたのです
【バルカ】
そういえば姿が見えぬな
いったいどこに行ったのか……