FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/MAP37 聖剣リーヴェ

オープニング

フォーカス・グエンカオス&ネブカ
【ネブカ】
教皇様
水の巫女を捕らえてまいりました
【グエンカオス】
まさか殺したのではあるまいな
【ネブカ】
気を失っておるだけでございます
命に別状はございません
【グエンカオス】
そうか
ならばわしが邪神の祭壇へ連れて行く
これで全ての準備が
整ったというわけじゃ
【ネブカ】
御意……
神殿に侵入してきた
異教徒どもはどういたしましょう?
【グエンカオス】
奴らの始末は
ドラゴンゾンビに任せればよい
あの中に一匹、聖竜のウロコを与えた
特別なモノがおるのじゃ
クックック……虫けらどもめ
さぞかし驚くであろうの……
【ネブカ】
ほう……聖竜のウロコを持つ
ドラゴンゾンビでございますか……
それは見ものでございますな
【グエンカオス】
……お前たちはこの聖剣を守るのじゃ
あやつらに奪われてはなるまいぞ
【ネブカ】
はっ
お任せください、教皇様
グエンカオス・ワープ
フォーカス・リュナン
【リュナン】
エンテ!
どこだ!
どこにいるんだ!
【クラリス】
リュナン様……
【リュナン】
クラリス様!?
どうしてあなたが……
【クラリス】
エンテ様が神殿に戻られたと聞き
もしやと思ってかけつけたのですが
すでに手遅れだったようです
この神殿内にエンテ様の気配は
感じられません……
【リュナン】
えっ……
ではやはりグエンカオスが……
【クラリス】
おそらく……
グエンはサリアの村でカトリ様を拉致し
今またエンテ様を連れ去ったようです
【リュナン】
クラリス様
エンテは僕にこのリーヴェの腕輪を
預けて行きました
クラリス様にはその意味が
おわかりになりますか?
【クラリス】
リーヴェの腕輪!?

……
エンテ様はやはりリュナン様に腕輪を
託されたのですね……
【リュナン】
何も告げずにこの腕輪だけを
残して行きました
一体どういうことなのでしょう?
【クラリス】
リュナン様は水の神殿の奧に眠る
聖剣の話をご存じでしょうか?
【リュナン】
父上から聞いたことがあります
カーリュオンが邪神を打ち滅ぼした
聖剣が水の神殿に残されている
しかし今ではさび朽ち果て
聖剣としての力は失われていると……
【クラリス】
聖剣は紋章の腕輪と一つになることで
再び女神の力を得て甦ります
エンテ様はそのことを知っていて
あなたに腕輪を託されたのだと思います
【リュナン】
!……
ではエンテは僕の為に……
僕に聖剣を委ねるために
大事な腕輪を
手放したと言われるのですか?
【クラリス】
エンテ様は助けを求めておられるのです
自分の運命を知った幼い日から
ただ一つの願いを胸に秘めて
永遠とも思える長い時間を
一人で耐えてこられました

リュナン様
その腕輪はエンテ様の心……
どうかあなたの手で
本来あるべき姿に
戻してあげてくださいませ……

ネブカ初戦時

【ネブカ】
くくくく……
恐れを知らぬ哀れな虫けらどもよ
うぬらに教皇様の邪魔はさせぬ
ここで果てるがよい!

ネブカ撃破時

【ネブカ】
うぐぐ……異教徒どもめ……

聖剣コマンド

フォーカス・リュナン
【リュナン】
クラリス様
この朽ちた剣がリーヴェの聖剣だと
言われるのですか?
【クラリス】
ええ
今はただの古びた剣にすぎませんが
腕輪の紋章と一つになることで
聖剣として甦ります

さあ、リュナン様
その剣を力一杯引いてみてください
ムービー・聖剣リーヴェ
【オイゲン】
こ、これは……
驚きましたな……
何という神々しさでありましょう
【リュナン】
これがユトナの4聖剣……
リーヴェの聖剣の輝きなのか……
【クラリス】
この剣さえあれば
聖竜のウロコを持つドラゴンゾンビなど
なんら恐れるものではありません
竜が放つ炎も聖剣の力を持ってすれば
その力は半減いたしましょう
【オイゲン】
まさに英雄カーリュオンの再来ですな

リュナン様
もはや恐れるものはありませぬ
悪しきガーゼルの魔獣たちを
一匹残らず討ち果たしましょうぞ

クリア後

フォーカス・リュナン
【クラリス】
リュナン様
魔獣もあらかた片付いたようですが
このまま先へ進まれますか?
【リュナン】
ええ
僕はグエンを追います
囚われたエンテを取り戻すまで
僕はどこまでも追い続けます!
【クラリス】
そうですね……
では地下道へまいりましょう
邪神の祭壇までは
私がご案内いたします
【リュナン】
しかしクラリス様は……
【クラリス】
私は父オクトバスの遺志を継ぎ
これまで生きてまいりました

大切な娘たちを戦場に追いやり
日々不安の中で暮らしてきたのも
全てはグエンの野望を
阻止するためでした
私は結末を見届けねばなりません
それが私の責務なのです

リュナン様、オイゲン様
どうかお願いいたします
邪神の祭壇まで
ご一緒させてくださいませ
【リュナン】
クラリス様さえよろしければ
僕たちに異存はありません

オイゲンもいいだろう?
【オイゲン】
無論です
クラリス神官長は
強い意志と勇気を持ったお方
ご同行願えるなら
これほど心強いことはありませぬ
【クラリス】
ありがとうございます
リュナン様、オイゲン様

火の神殿から入られた
ホームズ様たちも
そろそろ祭壇へ到達される頃……
私たちも急いで参りましょう