FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/出撃依頼/若き騎士たち

オープニング(ヴェリア神殿)

【ルチアナ】
すみません、熱冷ましのお薬を
いただけますか
【レンデル】
シスタールチアナ
まだ子供たちの具合は
よくならないのですか
【ルチアナ】
はい‥原因不明の熱病で修道院の
ベッドはいっぱいです‥

先日もルボウ司教がわざわざ
様子を見に訪ねてきてくださいました
【レンデル】
ルボウ司教が‥そうでしたか‥
お薬はこちらです

お代はいつでもかまいませんから
早く子供たちに飲ませてあげて
ください
【ルチアナ】
すみません‥
画面暗転
ルチアナとアーサーがぶつかる
【ルチアナ】
申し訳ありません‥
急いでいたものですから
【アーサー】
こちらこそすみません
お怪我はありませんか?
【ルチアナ】
大丈夫です‥
本当に申し訳ありませんでした
ルヴィが近づく
【ルヴィ】
これを落とされましたよ
【ルチアナ】
あっ、どうもすみません‥
【ルヴィ】
それにしてもずいぶんと
たくさんのおクスリですね
ルチアナが移動
【ルチアナ】
‥‥
【ルヴィ】
ごめんなさい‥
何か悪いことを聞いたかしら‥

私はルヴィと言います
今は主君を持たない
騎士の身ですが‥
【アーサー】
私も彼女と同様です
‥シスター‥
【ルチアナ】
ルチアナです
シスタールチアナと申します
【アーサー】
シスタールチアナ、その薬草の束
それにあなたの顔‥
あまり休んでいないのでしょう

なにやら深刻な事情があるのでは
ありませんか?

私はこれでも騎士の端に
名を連ねる者です
よろしければお話しくださいませんか

もしかすると、何かお力になれるかも
しれません
【ルヴィ】
こうしてお会いしたのも何かの
ご縁かと思います

シスタールチアナ、及ばずながら
私もお力になります
【ルチアナ】
騎士様、ありがとうございます‥
ですが、先にこのクスリを
届けなければなりません‥

よろしければ、この先の修道院まで
お越しいただけませんか?
【アーサー】
わかりました
【ルヴィ】
ご一緒します
画面暗転
【ルチアナ】
お待たせいたしました
【アーサー】
ここは?‥
【ルチアナ】
この場所はヴェリア教団によって
建てられた修道院です

戦争によって家族を亡くした
子供たちが暮らしております

私はこの修道院で患者さんの
お世話をしているのです
【ルヴィ】
‥シスタールチアナ
さっきのクスリはその子供たちの?
【ルチアナ】
はい、実は‥
ティアンナ出現
【ルチアナ】
これはティアンナ様
いつもすみません‥
【ティアンナ】
子供たちの様子はどうですか?
【ルチアナ】
それが‥
【ティアンナ】
こちらの方々は?
【アーサー】
アーサーと申します
【ルヴィ】
ルヴィと言います
【ティアンナ】
わたくしはティアンナ
今はシノン騎士団に籍を置いています
あなた方はナルヴィアの騎士ですか?
【アーサー】
いえ、私たちは主君を持っては
おりません
【ティアンナ】
そうですか‥
【ルチアナ】
ティアンナ様に聞いていただきたい
お話があるのです
そして、騎士様たちにも‥
【ティアンナ】
子供たちに関係すること?
【ルチアナ】
はい‥先日、子供たちの見舞いに
ルボウ司教様が来てくださいました

ルボウ様は熱に苦しむ子供たちの
様子を見て、こうおっしゃいました
これは病ではない‥と
【ティアンナ】
どういうことなの?
【ルチアナ】
症状から見て、恐らくは何かの毒に
よるものだろうと‥

そのあと、飲み水をお調べになって
間違いないだろうと仰っておりました
【ティアンナ】
誰がそんな酷いことを‥
【ルチアナ】
わかりません‥
ルボウ様も教団側で調べてみると
仰っていましたが‥
【アーサー】
その飲み水はどこから汲んで
いるのですか
【ルチアナ】
ニームの山から流れてくる
川からです
【ルヴィ】
誰かが川の上流から毒を流した
ということかしら
【アーサー】
川の上流に行けば、何か手掛かりが
つかめるかもしれない
【ルヴィ】
調べてみる価値はありそうね
【ティアンナ】
シノン騎士団でも調べてもらえるよう
リース様にお願いしてみましょう

あなた達にはそれまでここで
待っていて欲しいの
【ルヴィ】
子供たちのことが心配です
私は先に行って調べてきたいと
思います
【アーサー】
君一人じゃ危険だ、第一君は‥
【ルヴィ】
女だから‥なんて言うつもり
ではないでしょうね

侮らないでほしいわっ!
なんならここで手合わせしても
いいのよ!
【ティアンナ】
今は争っているときでは
ないでしょう!

ルヴィと言いましたね
あなたの気持ちはわかりますが
単独で行動するのは得策とは
言えません

子供たちの命にかかわるかも
しれないことです

時間は取らせませんから
シノンの軍が来るまで
待っていて欲しいのです
【ルヴィ】
すみません‥
ついカッとなってしまって‥
【ティアンナ】
アーサーもいいわね?
【アーサー】
わかりました

オープニング

【ラーズ信者】
こ、これでは約束が違う!
川に毒を流せばうちの子供だけは
助けると言ったじゃないか!
【ディサード】
そんな約束をした覚えはないが
まあよい‥
ちょうどいい見せしめだ

教団に逆らうとどうなるか
その身で知るがいい‥
‥やれ
【ラーゼンクロー】
はっ‥
ラーゼンクローがラーズ信者を攻撃
【ラーズ信者】
くっ‥‥
【ディサード】
貴様ごときに貴重な時間を
使わせおって‥
【ラーゼンクロー】
ディサード様‥
何者かが侵入したとの情報が‥
【ディサード】
侵入者だと?‥
いったい何者だ、ともかく
わしのオーブを早く届けさせるのだ!
ラーズ信者が下に移動
【ラーズ信者】
た、たすけてくれ‥‥
フォーカス・アーサー&ルヴィ
【アーサー】
山の西の方はシノン軍が調べて
くれている

このあたりで怪しい場所といえば
あとはこの洞窟くらいだが‥
【ルヴィ】
見て、あの向こうに誰かいるわ
【アーサー】
暗くてよく見えないが
確かに人の気配がする
【ルヴィ】
私たちだけで斬り込んでみる?
【アーサー】
あのティアンナという人にも
言われただろう

ここはシノン軍が到着するのを
待つべきだ
【ルヴィ】
慎重も度が過ぎると憶病者だと
思われるわよ
【アーサー】
なんだとっ!
【ルヴィ】
いいわ、私一人で行くから
あなたはここで待っていなさい
【アーサー】
あっ、こら、まてっ!

Turn-03 終了後

アーサー&ルヴィ生存時
フォーカス・アーサー
【アーサー】
(入り口の方から誰か来たようだ)

援軍か‥
それとも敵の増援か‥
フォーカス・ルヴィ
【ルヴィ】
!‥誰かが入ってきた
もし背後から挟み撃ちにされたら‥

Turn-05 終了後

【ディサード】
‥遅い‥‥遅いぞ!!
ええいっ、あやつはいったい
どこで油を売っておるのだ!!
早くわしのオーブを届けに来ぬかっ!

Turn-06 終了後

【ラーズ信者】
‥遅くなってしまった‥
早くこのオーブをディサード様に
届けなくては‥‥

ラーズ信者がディサードに隣接した時

【ディサード】
遅いぞ!何をしておったのだ!!
だがこれで恐れるものは何もない‥
侵入者どもめ‥思い知るがいい‥‥

ディサード初戦時

【ディサード】
どこの馬の骨かは知らぬが
不運な事よ‥

ここまで来た以上は
二度と日の光は拝めぬと思え
対アーサー
【アーサー】
川に毒を流したのはお前たちか
いますぐ解毒薬を渡せ!
【ディサード】
威勢のいい男だな‥
ならばこの私を倒してみよ‥
【アーサー】
言われるまでもない
覚悟するんだな
対ルヴィ
【ルヴィ】
あなた達が街に毒を流した
ということはわかっているわ
大人しく解毒のクスリを渡しなさい
【ディサード】
これのことか?‥
タダでやることはできぬな
【ルヴィ】
私は取引なんてしないわ
【ディサード】
ならば力づくで奪うのだな‥
もっとも‥できればの話だが‥

ディサード撃破時

【ディサード】
くっ‥これまでか‥

クリア後

【ルチアナ】
持って来てくださった解毒薬
効いているようです

子供たちはおだやかな顔で
眠っています
【ティアンナ】
川に毒を流したのはラーズ教団の
手の者だったそうです

規模から見て、計画的なものではなく
単純に街の人々に害を及ぼそうと
するものだったのでしょう
アーサー&ルヴィ生存時
【ルチアナ】
そうだったのですか‥
ともかく、みなさんがご無事で
なによりでした
【ティアンナ】
この二人の活躍によるものです
【アーサー】
いえ、シノン軍と彼女の協力が
あったればこそです
【ルヴィ】
私たちだけだったら勝てていたか
どうか‥
それにアーサーにも助けられました
【ルチアナ】
アーサー様、ルヴィ様
本当にありがとうございました
【アーサー】
ティアンナ様、私はまだ特定の
主君を持たない身ですので
信用のできる方に傭兵として
雇われたいと思っています

若輩者ではありますが
もし私の力が必要であれば
声をおかけください
【ルヴィ】
私も彼と同様です
いつかはこの方ならと思える人に
お仕えしたいと思っていますが

残念ながらそのような方には
巡り会えておりません

特定の主君を持ちませんので
傭兵料は頂きますが
それでもよろしければ

傭兵ギルドにおりますので
声をかけてください
【ティアンナ】
わかりました
あなた方のことはリース様に
お話ししておきましょう

これから共に戦うことも
あるでしょうが、どうか
そのときは力を貸してください
【アーサー】
もちろんです、騎士の名にかけて
【ルヴィ】
微力を尽くします
アーサー生存&ルヴィ死亡時
【ルチアナ】
そうだったのですか‥
ありがとうございました
【ティアンナ】
ただ‥ルヴィは残念ながら‥
【アーサー】
私がもうすこし上手く
立ち回れていたら
彼女は死なずにすんだかもしれない
【ルチアナ】
私が無理なお願いを
したばかりに‥
【ティアンナ】
シスターの責任ではありません
彼女は騎士としての本分を
果たしました

その結果として、子供たちが
救われたのです

どうか今は彼女のために
祈りを捧げてあげてください
【ルチアナ】
わかりました‥
勇敢に戦われた騎士様のために
祈りましょう‥
【アーサー】
ティアンナ様、私はまだ特定の
主君を持たない身ですので
信用のできる方に傭兵として
雇われたいと思っています

若輩者ではありますが
もし私の力が必要であれば
声をおかけください
【ティアンナ】
わかりました
あなたのことはリース様に
お話ししておきましょう

これから共に戦うことも
あるでしょうが、どうか
そのときは力を貸してください
【アーサー】
騎士の名にかけて
ルヴィ生存&アーサー死亡時
【ルチアナ】
そうだったのですか‥
ありがとうございました
【ティアンナ】
ただ‥アーサーは残念ながら‥
【ルヴィ】
私にもう少し力があれば‥
【ルチアナ】
私が無理なお願いを
したばかりに‥
【ティアンナ】
シスターの責任ではありません
彼は騎士としての本分を全うしました

その結果として、子供たちが
救われたのです

どうか今は彼のために
祈りを捧げてあげてください
【ルチアナ】
わかりました‥
勇敢に戦われた騎士様のために
祈りを捧げましょう‥
【ルヴィ】
ティアンナ様、私はいつかは
この方ならと思える人に
お仕えしたいと思っていますが

残念ながらそのような方には
巡り会えておりません

もし私の力が必要になったら
傭兵ギルドにおりますので
声をかけてください

特定の主君を持ちませんので
傭兵料は頂きますが
それでもよろしければ‥
【ティアンナ】
わかりました
あなたのことはリース様に
お話ししておきましょう

これから共に戦うことも
あるでしょうが、どうか
そのときは力を貸してください
【ルヴィ】
微力を尽くします
アーサー&ルヴィ死亡時
【ルチアナ】
そうだったのですか‥
ありがとうございました
【ティアンナ】
ただ‥
あの二人の騎士は残念ながら‥
【ルチアナ】
私が無理なお願いをしたばかりに‥
【ティアンナ】
シスターの責任ではありません
二人は騎士としての本分を全う
しました

その結果として
子供たちが救われたのです
今は祈りを捧げてあげてください‥
【ルチアナ】
わかりました‥
勇敢に戦われた騎士様のために
祈りを捧げましょう‥